【ラティフンディア】共和制ローマについてpart2【三頭政治】

世界史
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は世界のめぐる第14回。
共和制ローマについてのpart2です。
世界史興味ない人も是非見て共和制。

IMG_2435

  • 共和制ローマの危機

    紀元前2世紀、地中海各地を属州におさめたローマでしたが、次第に内政は悪化していきます。
    諸行無常というやつですね。
    

 

   戦争で新たな農地を買い集め、属州から流れ込んだ奴隷の労働力を使役するための場所であるラティフンディア(ローマにおける有力者によって私有された大土地所有地)が生まれる一方で、
  属州からの安価な穀物が輸入されて、
  中心農民が没落、無産市民​(土地などを持たない貧困層)し、
   彼らが担った重装歩兵は解体され傭兵制となっていきました。
   ローマの共和制が危機に瀕したのです。
   危うしローマ。
スポンサードリンク

コメント