【HUNTER×HUNTER】マラヤームについて

HUNTER×HUNTER

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はマラヤームについての記事となります。

IMG_2090

【マラヤームについて】

  • まだ幼い第13王子

   カキン帝国の第13王子でありセヴァンチ王妃の第二子。施設兵は未保有。
    継承戦に参加している王子の中では2番目に幼く、それ故に様々な意思決定は実質セヴァンチ王妃が下している状態である。
   お気に入りなのだろうか、ハムスターを常に持ち歩いている。
   姉のモモゼの守護霊獣がハムスターのような姿だったことと何らかの関係があるのだろうか
   常にハムスターを持ち歩くマラヤームのことを意識した守護霊獣であった可能性は十分存在する。
   
   母であるセヴァンチ王妃から溺愛されているがモモゼの死により過保護がより過剰となった
   付き人はハンターと敬語兵合わせた警備18名、従事者6名。
   モモゼの死後、彼女の警護をも取り込むことで防衛力が強化されている。
  その際モモゼに付いていたハンゾーとマラヤームに付いているビスケが合流を果たしている
スポンサードリンク

コメント