【鉄血のオルフェンズ】殺人ドカベンリターンズ【デインウハイ】

ストーリー考察記事

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は以前投稿した「奴」についての記事。
鉄血のオルフェンズを視聴したことのない皆さんにもわかりやすく、
その異常性を伝えていこうと思います。

【前置き】

IMG_1485

というわけで今回は殺人ドカベンについての記事である
本名はデイン・ウハイというらしいがもはやこの名で呼ぶ鉄血ファンの方が少ないだろう

がっしりとした体格に穏やかな笑顔が特徴でありそれらが「ドカベン」と酷似している
しかし物語の終盤までは非常に影が薄くモブ中のモブだった

ではなぜそんな彼が殺人ドカベンと呼ばれるに至ったかについて改めておさらいしておこう
IMG_1486
主人公が所属する組織「鉄華団」
その鉄華団が危機に陥り、新入りであるリーゼントがこのままでは危ないとガチギレ状態
そんなところに現れたのがデインウハイである

IMG_1487

神妙な面持ちでリーゼントに心中を語り出すデインウハイ

彼もまたリーゼントと同じく新入りの1人であり、こうした状況では心中穏やかでないことは確かだろう
さてデインは一体何を語るというのだろうか

IMG_1488
ファッ!?

唐突な告白に「マジか」という表情でビビるリーゼント
鉄華団に入る前はただの殺人鬼だったことを突然告白する温厚そうなモブキャラだった男
殺人ドカベンの誕生である

ネット上ではこの告白に衝撃を受けた視聴者が続出
無理もない
ONE PIECEで言えばチョッパーあたりが「私はこれまでたくさんの人間を殺してきた」と告白しているようなものである
これにはルフィもドン引きだろう

ついには「殺ドカ」と略称で呼び始める視聴者すら生まれだした
私もその1人である

スポンサードリンク

コメント