【鳥取砂丘】観光のプロが鳥取県をご案内【水木しげる記念館】

感想

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は鳥取県をご案内したいと思います。


【前置き】

私はこれまで鳥取県に1回しか訪れたことがありません。
そんな鳥取県の何もかもを知り尽くした私がみなさんをめくるめく鳥取の世界にご案内したいと思います。
【旅館のご飯】
FullSizeRender

IMG_9710
こちらはホテルの晩ご飯の様子。
2泊3日だったのですが、とにかくご飯が豪華。
ビュッフェ形式であり、お寿司やステーキが所狭しと並べられていました。
しかも次々と新しいお肉やお寿司が補充されていくのです。
私の最近の食事といえば砂と水とセメントばかりであり、
お肉やお魚を使った料理は長らく口にしていなかったため、
食べる前から唾液と動悸が止まりませんでした。救急車を呼んでください。

IMG_9719
こちらは宿泊したホテルの近く。
なんと目玉のおやじをかたどった電灯が配置されています。
何を隠そうここ鳥取はゲゲゲの鬼太郎の作者である水木しげる先生の出生の地であり、
水木しげる記念館なるものも建てられている程の妖怪フィーバーっぷりです。
そのほかにも妖怪達をかたどった像が街中にうじゃうじゃと設置されています。
ゲゲゲの鬼太郎は小学生の頃、読書の時間に図書室でよく読んでいたので印象深いです。
2018年現在もアニメ版が放送されるほど根強い人気を誇るゲゲゲの鬼太郎ですから、
雨の日だったにも関わらず観光客は多めでした。
羨ましいので私もその辺を歩いていたセレブっぽい方に「雨崎景夜記念館もつくってくれ」と二千円札をその手に握らせながら(※貴重)懇願したのですが、
「ノーモア買収」と断られたあと、
私の身体は二千円札ごと鳥取砂丘に埋められてしまいました
早く地上に戻りたいです。

スポンサードリンク

コメント