【ORAS】メガピジョットの調整

スポンサードリンク
はい、みなさんこんにちはこんばんは雨崎です!今回はピジョットの調整です。




【ピジョットの紹介】
初登場は赤緑。ポケモンを代表する鳥ポケモンです。序盤で進化前のポッポが手に入ることや、トレーナーがポッポとその進化系であるピジョンとピジョットを使うことが多いことから、初代をプレイしたことのある方なら特に印象に残っているポケモンの一匹です。
ちなみに金銀ではジムリーダーのハヤトが本来レベルを18以上に上げないと進化しないはずのピジョンをレベル9で繰り出すという精神攻撃を仕掛けてきます。
金銀で最初に戦うジムリーダーということもあり、この精神攻撃による先制パンチは新時代の幕開けを予感させてくれます。


ジョウト地方に忍び寄る改造の魔の手

 
とりポケモンという凄くざっくりとしたカテゴリに分類されていますが図鑑を作ったオーキド博士はこのことに何も疑問を抱かなかったのでしょうか。
「この地方に鳥はこのピジョットしかおらんのじゃ」という認識だったのでしょうか、
おかげで同じ地方に生息しているオニドリルが「くちばしポケモン」に分類されるという可哀想な事になっています。
「こいつはくちばしが特徴的じゃな!鳥ポケモンの枠は埋まっておるし こいつは くちばしポケモンに決まりじゃ!」的な居酒屋のノリで決まったのかもしれません。
 

カテゴリ再編から始めましょう博士

 

長らく強化らしい強化に恵まれなかったピジョットですがORASではついにメガシンカ可能に。
鮮やかな姿となり、トサカが大幅に伸びました。これだけ長いと色々と障害物に引っかかりそうですがその辺りは大丈夫なのでしょうか。
 


芋けんぴなら仕方ない

それではピジョットの調整へ。
ピジョット@ピジョットナイト
【特性】鋭い目 → ノーガード
【性格】臆病
【努力値】H 4 C 252 S 252
【技構成】暴風/熱風/めざめるパワー氷/とんぼがえり or 毒々
【調整】
H 4 振りメガガルーラを暴風で確定2発(53.5〜63.5%)
H 212 D 12 振りマリルリを暴風で確定2発(56.4〜66.8%)
H 252 振りわんぱくギャラドスを暴風で高乱数2発(48〜56.9%)
H 252 振りずぶといメガフシギバナを暴風で乱数1発(89.8〜105.8%)
H 252 振りシールドフォルムギルガルドを熱風で乱数2発(46.7〜56.2%)
H 252 振りわんぱく(or のんき)ナットレイを熱風で確定1発(110.4〜130.3%)、H 252 D 252 振りしんちょう(or 生意気)ナットレイを確定2発(81.7〜97.2%)
H 252 振りメガクチートを熱風で確定2発(73.8〜87.8%)
D 4 振りガブリアスをめざめるパワー氷で乱数1発(87.4〜104.9%)
H 36 振りメガボーマンダをめざめるパワー氷で乱数1発(89.1〜105.1%)
H 無振りランドロスをめざめるパワー氷で確定1発(104.8〜124.3%)
【補足】
調整という名のぶっぱ。
火力が足りず素早さも妥協出来るラインではないため完全にCSに努力値を割いています。
基本的に相手の上から広い攻撃範囲で弱点を突いていく点は同じメガシンカの中ではメガライボルトと共通。

暴風による混乱も期待できるため威力以上に相手にかける圧力は大きい。
まあ混乱させてしまえばそうそう動くことはでき
 
混乱期待もほどほどに
それでは今回はこの辺で!離脱!

スポンサードリンク

コメント