【XY】クレッフィメタモン【レート2000】

レート

はいどうも雨崎です。

今回は前回解説したPTを更に練ったものになります。
他の構築と違い、クレッフィとメタモンという特殊なポケモンを軸に戦っていく以上立ち回りも特殊になるため、「このポケモンは無理、起点にできない」ということをパーティを回していったうえで把握しておくことが肝心だと思います。

多分前回の更新では立ち回りに関してはそこまで触れていなかったので、「これからクレッフィメタモンを使いたい」と考えられている方、あるいは「クレッフィメタモンの処理方法を知っておきたい」と考えられている方は是非見ていってください。

では解説へ

 

【パーティの解説】

 

ゲンガー@ゲンガナイト
性格・おくびょう
H252 B44 S212
シャドーボール/ヘドロ爆弾/みちづれ/おにび
まず前回からの大きな変更点その1。
滅びの歌に特化した型だったものを汎用性のある構成にしました。
やっぱりかげふみみちづれが強い。
このPTがよく呼ぶガブリアスやガルーラやサンダーあたりに対して相性は悪くないので最悪1対1交換でもっていきます。
鬼火の枠は正直滅びの歌にしてもよかったかなと思ったり。
あとやっぱりメガゲンガーはマスコット。かわいい。

 

ファイアロー@ゴツゴツメット
性格・ようき
H252 B156 S100
ブレバ/鬼火/羽休め/挑発
よくあるゴツメアロー。
前回から型の変更は無いれす。
鬼火さえ当てればガブだろうがガルーラだろうが封殺してくれる焼き鳥。
ただしスカーフストーンエッジしてくるガブなんかがちょくちょくいたので拘りアイテム持ちが確定するまで対面から突っ張るのは安直。

 

ガブリアス@ラム(いのちのたま)
性格・ようき
H20 A140 D100 S252
ドラゴンクロー/地震/岩雪崩/威張る
前回からの変更点その2。
努力値を振り直し、逆鱗をドラゴンクローに変更。
相手のPTにハッサムやクレセリア、フェアリータイプがいても気軽にドラゴン技を撃てるようになりました。
不一致めざ氷や冷凍ビーム程度であれば余裕をもって耐えてくれます。
また、このガブリアスのいのちのたま地震はA一段階ダウン陽気ガブリアスの地震耐え調整を施しているメガライボルトを超高乱数でもっていきます。まあ最近あんまりメガライボルト見ないのでラムで安定かもですが。
あと威張るによってこちらラス1ガブリアス、相手残り3体(内一体はHPフルのクレセリア)を3タテしたこともあります。クレセリアを突破できるガブリアス…めっちゃ素敵やん?
まあこのガブリアスの役割はあくまで起点作りなので「1体もっていければいいなー」くらいの感覚で。

 

ウォッシュロトム@こだわりスカーフ
性格・ひかえめ
H92 C164 S252
ドロポン/ボルチェン/10万/トリック
テンプレのスカーフロトム。
ファイアローに後出し出来る耐久を備えた一家に一台の便利な家電。
増田ァ!ドロポンの命中を85にしろよ増田ァ!

 

クレッフィ@残飯
性格・おだやか
H228 D252 S30 
イカサマ/威張る/身代わり/電磁波
ご存知イカサマが趣味のクレッフィさん。
クレッフィの弱点をつけないポケモンは全て起点にする鍵穴(意味深)ポケモン。
たまに威張るを外すんだけど威張るを外すって現実で考えたら物凄く恥ずかしい状況だとおもry

 

メタモン@タスキ
H252

へんしん</d iv>

可愛い。ただただ可愛い。
たまに身代わりの前に出されて変身出来なくなってうろたえてるメタモン可愛い。
とりあえずアタッカーは全てメタモンで相手出来ます。

 

【このPTの弱点】
まずクレッフィがつらい相手が、ゴツメサンダー、ラッキー、ハピナス、グライオン、ヒードラン、ガブリアス、ガルーラ等のイカサマが通り辛いorクレッフィに対して根本的に相性のいいポケモン達。
特にラッキーやグライオン等はメタモンで変身してもPPの問題で押し負けるためこれらのポケモンへの対策は必須。
クレッフィメタモンは受けループがつらいので、これらのポケモンがいる場合選出し辛くなります。
また、ラム持ちガブリアスも天敵なため慎重な立ち回りでガブリアスのアイテムを確定しなければなりません。
ファイアロー+クレッフィ、あるいはロトム+クレッフィのサイクルで地震や逆鱗をすかしながら隙を作る、というやり方が今のところ有効。
グライオンが地味につらいのでマンムーとかパルシェンでも入れてやろうかと検討中。

 

まだまだ改良の余地はありそうなので突き詰めていきたいです。
それでは今回はこの辺で!離脱><
 
スポンサードリンク

コメント