【M-1グランプリ2018】審査員について【富澤たけし&ナイツ塙&立川志らく】

お笑い
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はM-1グランプリについて。

 

新審査員

スポンサードリンク

M-1グランプリ2018の審査員についての記事となります。まずはこちらをどうぞ。

審査員

松本人志

上沼恵美子

オール巨人

中川家礼二

富澤たけし

ナイツ塙

立川志らく

はい、ご覧の通り、後半の審査員が一新。

2015以来の富澤たけしに新審査員としてナイツ塙と立川志らくを迎える、というM-1グランプリ2018。

これにより審査傾向もやや変わってきます。

ナイツ塙

まずこの人に関して。

「ヤホーネタ」の印象が強いナイツですが、「前半の展開を後半になぞる」ネタや「歌い続ける土屋にひたすら突っ込む」ネタ等、挙げればキリが無いほどさまざまな種類のネタをやっています。

フォーマットの多さで言えば現役トップクラスでしょう。

それ故、審査員になった時にさまざまなスタイルを広く受け容れることが予想されます。

正統派コンビの王道ネタが高く評価される傾向にあるM-1において、

こうした審査員は希少な存在。

ジャルジャルやトム・ブラウンにとっては追い風となる審査員かも知れません。

スポンサードリンク

コメント