【稲葉ジャパン】日本 対 台湾は台湾が勝利

雑記

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は野球について。

スポンサードリンク

まずは台湾投手陣を全く打てなかった点が非常に大きいところ。

もちろん日本の選手の「試合勘」や「疲労」というところは大きいのかもしれませんが、それにしても打てる気配が最終盤まで全くしなかったのはもったいない。

序盤にもう少し打って点が入っていれば勝てる可能性も出てきたのですが、台湾の投手陣の強力さを思い知らされました。

最終回に点を返すことが出来て完全に沈黙したまま負けなくて良かったところ。

地上波中継が終わった途端に打ち始めて一点差まで詰め寄ったのはちょっと笑いましたが。

 

 

そして守りの面ですが、打たれた岩貞選手や高梨選手が出来が悪かった、というよりも

台湾打線陣がスマートにボールを捉え続けた、という印象です。

スポンサードリンク

コメント